子どもの頃の自分に「待ってな!」って言ってあげよう♪

改めて、めらんぐスペース
web担当のらんこです。
この場にお越しくださり
誠にありがとうございます(^^)

この《めらんぐスペース》という空間は、
笑いながら人生に挑戦している
めぐみちゃんと
らんこちゃんの2人で創り上げています。

私たちは人のご紹介で出逢い、
その瞬間からフワリンと
噛み合ってしまいました。

経歴もタイプも全く違うけれど、
顔を合わせた時にはなんだか
「妙にしっくりくる」感覚があって、

そこからもうどっぷり。(笑)

そんな2人のうち  私、らんこの
過去と今をお話ししたいと思います。

私は子どもの頃からずっと、
疑問を抱えて生きてきました。

社会の様子とか、おとな達の様子を見ていて
「なんでそんな風にするんだろう?」って
思うことがちらほらあって。

そういう感覚が高校になっても変わらず、
大学に行っても変わらず。

色々転機があって

卒業しても企業に入らず
個人事業という形を選んだのですが、

創造力を養えてなかったがために
一本で食えず。(笑)

  ※ちなみに、同じように新卒から個人事業でやって
    素晴らしく輝いている人もいます。「まずは企業で
    基礎を積む」というセオリーは絶対ではありません。

夢破れて企業勤めに切り替えて、
企業ではたらく素晴らしさを実感しました。
でもしばらくした時に、また
疑問が湧いてきてしまったのです。

「ただ毎日楽しく生きていたいだけなのにな。」

ただ毎日楽しく生きていたいだけなのに、

どうして、毎日同じ時間に
同じ場所に行かないといけないんだろう。
あんな満員電車に乗って、なんでわざわざ
ストレス溜めなきゃいけないんだろう。

どうして、お客さんのことだけを考えて
仕事できないんだろう。
純粋に仕事してても生きられないのかな。

…中二病ですかね?(笑)
でもこれって実はすごくすごくすごく
大切な氣持ちだと想うんです。

私自身、「そんな風に思っちゃダメだ」って
してきました。

いつまでも子どもみたいなこと言ってちゃダメ。
現実を見なきゃ。
この経済社会の中で
どれだけ頑張れるかが今世の課題なんだって、
自分に言い聞かせてきました。

でも違った。

やっぱり、違いました!!!

生きてるんだもん、
心の奥底から「楽しい!」ってならないなら
きっと自分にとって正しくないんだって、
ガッテンできたのです。

何よりも、私の甘さは
【社会の仕組みにハマれない】ことではなく

【自分の想いや疑問を本氣で解決しようと
  してこなかった】
ことだと知りました。

う~ゎぁあああああーーーーーーーー

そこかぁーーーーーーーーー

そっちかぁーーーーーーーーーーーー!  って、

氣づけた時の解放感&開放感ったら。(^^)

それと、あらゆることに対して
ジャッジメントがはたらいていて
「どちらか」という二元性の中に生きていたこと。
それによって
とっても不自由で不安な世界に
自分を落とし込んでいたと知りました。

特に私の場合
「自分か他人か」という二元性がつよくて。
ここに生きていると、色んなことを
他人と奪い合ってしまうのです。
  …お~コワ。

それに氣づいた時の驚愕ったら…。(笑)

向き合って、融かしてきて、
「最初に会った頃と変わったね」って
仲間からも言ってもらえました。
(そしてもっと奥へ!)

まぁまぁまぁ、
生きていれば色々ありますよね。
あるんですけど、
本当に悩むべきなのは何なのかと。

私自身、会社をやめて4年目。
生活のための仕事を完全にやめて2年目。

まずはこれまでのズレを修正して
スタート地点まで巻き戻したのが
この2年間のような氣がします。

自分が心の奥底から望んでいることは
何なのか しっかり見つめ
そこに向けて針路を替えました。

替える時点では
先なんて何も見えなかったけれど、

まずは変わって
時間と共に進んでいくうちに

少しずつ「先」の広がりが見えてきました。

そっか、 お金っていうのは本当に
すべてでは無いんだ。

愛ってそういうことか。

幸せってこういう感覚かもなぁ。って、

子どもの頃から焦がれてきた世界を
現実に体験させてもらっています。

進めば進むほど奥が深く広くなっていくし、
進めば進むほど、過去いた社会の中の自分が
本っ当~に本質からズレていたんだなと
実感が増していきます。

まだまだ旅の途中なんだけど、それでも
子どもの頃の自分に
「待ってな!」って、言ってあげられる。

待ってな、絶対見せてあげるから、って。

起こることすべてが必然だっていうのは
本当にそうで、
それは「既存の」社会の中でも円満なんだけど、
既存の枠組みを抜けてからの必然さは
ハンパないです。

これまでの人生のカケラすべてが活きてくる。

あの時にアレを経験したのは
なるほどこのためだったんだなってことが
本当に沢山です。

日々の感じ方
人との関わり方、
自分に対する感じ方、
出来事の起こり方やフィット感、などなど

本当~にいろんなことが変わりました。

そしてもっともっと奥があるなんて!

なんて人生って面白いんだろー♪
はー楽しみ♪

そんな感覚しかありません。

子どもの頃の自分に「待ってな!」って言って
あげられる、そんな生き方をしたいですよね♪

らんこ

●めぐらん場
~マジで幸せに生きるって決めた中年女子2人の
アホでガチなリアルライフお話し会~

熱い想い/ごあいさつ